鎌倉建築士フォーラム
トップページ 鎌倉支部の紹介 会員事務所の紹介 耐震診断 建築士のひとり言 ブログ お問い合せ

建築士のひとり言

一覧に戻る>>
 2007年4月7日   walking 新横浜

文:服部綸子


横浜市営地下鉄岸根公園駅広場に9時半集合、23名で準備体操を始めた時には雪がチラホラ、冷気に身をすくませた。3月17日は新横浜駅の開発に伴い発展した市街地や周辺の公園や散歩道を散策する約10?のWalking。
岸根公園→ニッサンスタジアム→横浜アリーナ→鶴見川土手→太尾公園→大倉山公園(記念館)→大倉山駅。夫の会社同好会に家族会員として便乗させてもらっているが、歩きながら町並みや公園、河川を眺め、土手や砂利の感触、季節の樹木や草花を楽しめるので出来るだけ参加している。時々、ニュースになった建築を見るチャンスにもなっているが、ニッサンスタジアムと横浜アリーナは横目でにらみながら通過しただけ。
太尾公園は港北下水処理場施設の屋上公園でネットにも探訪記が載っている。樹木の他多目的広場やテニスコートもあり、屋上とは思えない所。
大倉邦彦氏により昭和7年に建設された「精神文化研究所」は横浜市に寄贈され、記念館となった。音楽会や美術の展示が行われているが、ヘレニズム式列柱と和式様式が折衷されているとされる荘重な建物である。写真はネットで見ることができます。
この季節、白・紫木蓮、こぶしは花終い、桜のつぼみは赤らみ、柳は薄緑、気温も少し上がり、雨も雪も風も汗ばむ事もなく快適な日和でした。


港北区下水処理場施設の屋上


Copyright ©2004 (社) 神奈川県建築士事務所協会 鎌倉支部 All rights reserved.